南高梅の通販は、和歌山紀州梅干し専門店の梅色生活へ -はちみつ梅干、梅エキス・梅肉も

QUALITY梅色生活のこだわり

原料へのこだわり

おいしい梅干をつくるために、まずは原料選びから始めます。


もちろん梅干に使う梅は『紀州南高梅』。

梅色生活は、紀州みなべ・田辺地区(和歌山県みなべ町・田辺市)等の南高梅を使用しています。

みなべ・田辺地区の南高梅

 みなべ・田辺地区の梅畑の大部分は、

黒色をした瓜谷塁層の上にあります。

 

この地はやせているため、米作には向いていませんが、

水はけがよく、空気の出入りも良いため、

南高梅の生育に最適です。

 また、梅は生育に多量のカルシウムからできているため、

天然の肥料となります。

 

皮が薄くて、果肉たっぷりの良質な梅を育てるために

不可欠な条件が、みなべ・田辺地区の土には揃っているのです。

世界農業遺産認定に

みなべ町と田辺市では、約400年前から 

農地に不向きな斜面の中央で梅を栽培。

 

周りにウバメガシなど薪炭林を植えて斜面の崩落防止や保水、

防風林の役割を持たせ、高品質な梅を作り続けてきました。

 

薪炭林に住むミツバチが、梅の受粉を担い

樹齢35〜40年のウバメガシは炭の基木となります。

 

この和歌山県の梅生産手法「みなべ・田辺の梅システム」が

平成27年12月、国連食糧農業機関によって

世界農業遺産に認定されました。

 

南高梅のA級品からさらに、自社の品質検査に合格したものを使用しています

梅色生活の梅干は特選マークに認定される南高梅のA級品のうち、

自社の品質検査に合格したものを使用しています。

A級品とは

キズがなく、皮が薄くて、

適度に柔らかく、粒揃いの良いものです。

特選梅干に認定されています

特選梅干とは、みなべ、田辺等の地域で生産された梅干で、紀州梅の会選別基準によるA級品の梅干を100%使用し、紀州みなべ梅干協同組合、田辺梅干協同組合に加盟する企業が製造する梅干です。

全国のお客様に対し最高品質の「紀州梅干」を、安心して選んでいただけるよう厳しい品質基準を設け、それをクリアした銘柄だけにこの「特選認定マーク」を付与するものです。

信頼できる農家さんの安全な梅干

 梅干づくりに必要な梅は、みなべ・田辺地区等の複数の農家さん達が

 塩漬け、天日干しした白干の状態で届けられます。

 

果肉ふくよかな南高梅を育てる経験と技術はまさに「梅の匠」です。

 

 農家さんたちには、丁寧に梅を育てていただいています。

原料を届けてくれる農家さん羽柿さん夫妻

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天日干しされた梅干は、生産者の名前や住所、梅干の生産年度、

等級などを書いたラベルを貼った樽に入れて、届けられます。

農家さんが天日干ししている梅干

原料はやさしく洗浄

やわらかい梅干なので、やさしく洗いながら、せいろに取り分け、水で洗い流すとともに、 

つぶれた格外品を経験豊かな作業員が丁寧に取り除きます。

原料の洗浄

原料の選別

梅色生活オリジナルの味

 梅色生活では調合済みの調味液は使用していません。

 

 それぞれの味ごとに、美味しさを追求し、試作を重ね完成した、梅色生活オリジナルの調味液に漬け込み味付けします。

 

 合成保存料・合成着色料・遺伝子組み換え原料は使用していません。

 

 安全性の高いものだけを、必要最低限に抑えて使用しています。

2週間ほど調味液に漬け込み、じっくり味をのせます。

1年中変わらないおいしさを

常に一定の品質を維持するため、成分分析装置で数値管理をすることで1年中変わらず、おいしい梅干をご提供しています。

また、官能検査をおこない、風味や色味も一定に保つようにしています。

調味液の検査

成分分析装置で数値管理

一粒一粒丁寧に。手作業での容器詰め

南高梅はやわからく、つぶれやすいので、すべて手作業で容器に詰めています。

一粒一粒品質を確認します

一粒一粒丁寧にお詰めしています

容器詰めの工程の中でも、十分に品質のチェックを行います。 梅干の選別基準は次の通りです。

キズや斑点はないか?

 枝などですれて傷ができていたり、

黒くシミのようになっているものは取り除きます。

皮が破れいていないか?

南高梅の皮は薄くて柔らかいので、

漬け込み時や容器詰めの時に破れてしまうこともあります。

皮が破れている梅干も取り除きます。

異物混入チェック

 

 

 

 

 

 

容器詰めされた梅干は、金属探知機で

異物混入がないか確認します。

手作業で包装

  大切な方へのギフトにご利用頂くため、お一つお一つ手作業で心を込めて包装しております。

衛生管理

工場内に入室する際は、作業服のローラー掛け、エアーシャワー、手洗い、アルコール消毒を必ず行います。

 

原料の加工や包装の工程で梅干に異物が紛れ込まないよう、生産ラインでは常に厳しいチェックを行っています。

作業服のローラー掛け

エアーシャワー